アガベ

シロップやテキーラの原料になるのがアガベだそうです。メキシコや南アフリカの砂漠地帯を原産地とする植物だそうです。根茎に多くの糖分を蓄えているそうです。樹液を抽出して煮詰めたものがアガペシロップというものだそうです。発酵・蒸留したものはテキーラに活用されるそうです。アガペシロップは低カロリーの甘味料として、砂糖の約1.5倍の甘みを持つそうです。成分としてはサポニン、フラボノイド、アルカノイド、食物繊維のイヌリンやオリゴ糖などだそうです。アガベから抽出されたシロップの最大の特徴としてGI値が他の甘味料と比較して低いことだそうです。ショ糖の含有率が低いということがGI値が低い理由だそうです。少ない量で甘みを感じることができるそうです。GI値が低い食べ物を意識してとるようにすると、急激な血糖値の上昇やインスリン分泌を抑えることができるというので、結果として糖尿病や肥満の予防にも活用できるそうです。老化などの肌トラブルを起こす糖化を防ぐということも期待されているそうです。オリゴ糖が含まれているということで、腸内環境にも働きかけると考えられているそうです。オリゴ糖というのは腸内で善玉菌の餌となるそうです。腸内環境を整えるということもいわれているようです。腸内環境が改善されるということは、消化や吸収がスムーズになるということだそうです。食物繊維も含まれていることから腸内の毒素を体外に排出する働きも助けるそうです。GI値は低いのですが、カロリーは他の甘味料と同じなので、とりすぎには注意が必要だそうです。副作用というのは特に報告されていないそうですが、アガベの葉や樹にアレルギーがある人は注意が必要だそうです。