脚を組む原因

足を組んでしまう原因はいくつかあるようです。そもそも体が歪んでいるので足を組みたくなってしまうという場合もあるそうです。また、普段から行っている作業がどちら側かの重心に置いている場合や、椅子の高さが合っていない場合も不自然な姿勢から足組みをしてしまうこともあるそうです。原因がいくつも重なっている場合もあるそうですので、解明するのは難しいと言えるでしょう。足を組む癖は、自分で意識をしない限りどうしても治すことができません。普段よりも深く椅子に腰を掛けて背筋を伸ばしてみることや、足の間にクッションなどを挟むことで物理的に足組みを防ぐこともできるようです。職場などであればできることも限られてきますので、自分に合った足組みをしない方法を探していきましょう。

「GYMEALILYのESSENCE」トップへ戻る