腰のだるさ

腰が重くだるさを感じるのは、背中やお尻・太ももの裏・ふくらはぎなどの筋肉が固くなっているのも原因の1つです。まずはツボ押しの前に「腰のリンパストレッチ」でほぐしていきましょう。腰から背中を縮めたり伸ばしたりするだけでもリンパの流れや血行は良くなり、だるさは軽減されます。同時に、骨盤のゆがみも修正します。立った状態で腰に手を当てて、おへそを前に突き出すように後ろへ反らします。その後、両手を下げて腰の筋肉を伸ばしきる感じで深くお辞儀をする姿勢になります。この時、手はぶらぶらと動かしましょう。これを前後各3セット行いましょう。腰・背中が柔らかくなったら、「志室(ししつ)」というツボを押しましょう。腎臓の働きを活発にするツボで、肩の張り、女性なら生理痛にも効果的とされています。志室は、精気を蓄える場所とされています。腎臓の働きを良くし、慢性的な疲労を軽減します。ツボの位置は、ウエストライン(腰周りで一番細い辺り)上で、背骨から指幅4本分離れた所にあります。親指の腹を使って、身体の中心に向かって押します。ご自身で行う場合、腰を反らせると力が入りやすいですよ。これを左右3~5回押しましょう。ツボ押しだけでなく、温かいシャワーやドライヤーを当てたり、周辺をカイロや湯たんぽなどで温めるだけでも効果がありますよ。